ある人のブログで知った
松尾祐介さんの「パワーライン打法~「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法~」。

カラダのポジショニングを作り、
お腹に圧がかかった状態のまま、スイングできるようになるパワーライン打法は、
一流選手のカラダの使い方を分析することで作られたバッティング理論です

一瞬、これはって思ったんだけれど
冷静になってみると、なんか・・・

そんなうまい話ってあるのかなって思ってしまう・・・

実践レビューを確認してみる

カラダが小さくても力強いヒットが打てる!

全身の力をバットに伝える方法を知れば、
特大のホームランや、たくさんのヒットを打てるようになるって、どうなの?

やっぱり気になるよね。
PR